納豆と私

納豆と私

2022年2月19日

ちょっと昔の話。

ご存知の方も多いと思いますが、
私は摂食障害というココロの病気でした。

この病気の厄介なところは
毎日の食事が苦痛になってしまうこと。

食べたいけど、痩せたい。
痩せたいけど、食べたい。

この葛藤を繰り返した結果、
極端に食べられなくなったり
逆に食べすぎてしまったり。

人は食べなければ生きられません。

この毎日の食生活が壊れてしまって
頭では理解できるのに
食事のコントロールができなくなってしまって
私の生活はカオス状態に。

その苦行から抜け出すキッカケになったのが
具だくさんお味噌汁と納豆ごはんでした。

みんなと同じように食べたい。
痩せるよりも普通の食生活に戻りたい。

当たり前のことのように感じるかもしれませんが
これができなくなってしまう病なのです。

ありとあらゆる方法を試しました。
ありとあらゆる書籍を読みました。

誰かにバレるのが怖くて病院には行けず
完全独学による荒療治が続きました。

ふと、納豆ごはんなら食べられる気がしたのです。

「ごはん=太る=怖い=食べてはいけない」
というマイルールから抜け出すため、
納豆は健康的だよ~
ごはんも食べていいんだよ~
大丈夫だよ~
と言いながら、食べてみました。

そして、久しぶりに味わう納豆ごはんに
あああ、私はこれが食べたかったんだ!
と涙が出てきました。

この感動を伝えたい!

私はオリジナルの納豆を作ることにしました。
こだわり抜いた自然栽培の大豆を使用した納豆。

パッケージは発泡スチロールではなく
紙のように薄く削った木材にしました。

ネーミングは検討中。

今は、在庫をどこで管理しようか。
どうやって販売ルートを確保しようか。
そんなことを考えています。

物販ははじめての試みなので
これからどうなるのかもわかりません。

そこで、一緒にやってくれる仲間を探しています。

このメッセージが響いた方からの
ご連絡をお待ちしております。